市施策の画像

知多市の市民活動推進施策を紹介しています。(出展:市政概要 平成23年度版)

市民活動推進

 まちづくりの課題は、安心・安全なまちづくりや少子・高齢化の進展、環境問題などにみられるように、 行政による対応だけではなく、市民と一体となった取り組みが不可欠である。様々な人材が活躍できる地域づくりを進め、 市民や様々な団体との協働関係を構築することにより、地域・団体などの特性を活かした支援を進めていく。
平成17年3月に制定した市民活動推進条例は、市民活動が豊かな地域社会の創造に欠かせないものであるという共通の認識のもと、 市民、コミュニティ、市民活動団体、事業者、市の役割を規定し、各主体が連携・協力する「市民協働」をまちづくりの基本と位置付けている。
また、市民活動センターは市民活動の総合拠点として、市民が市民を育て、まちづくりに参加するための様々なきっかけや出会いの場を提供するなどの役割を担い、その機能の充実を図っている。
コミュニティ支援については、コミュニティリーダーの育成等、側面的な支援を行うとともに、 コミュニティ活性化委託事業、コミュニティ連絡協議会自立化支援事業、補助金一般財源化事業の3つの施策を柱とした活性化プログラムにより、 地域の主体性に基づいた問題解決型コミュニティへの移行を推進する。

主要な事業

 (1) 市民活動センターの運営を通した市民協働の拠点づくり
市民活動センターでは、まちづくり活動を生涯学習活動、ボランティア活動、NPO活動という各個人の関わり方で捉え、 市民活動に携わる人材の育成やまちづくりに関する講座、情報提供、相談事業などを、それぞれの活動における中間支援的活動を行う団体が連携し、協働して進めている。 これにより、市民活動に関わりたいと考えている市民の参加意欲を引き出すとともに、相互の交流や市との関わり合いの中で、新しい市民協働を生み出している。 また、施設管理においても、市民活動を取り入れた日常清掃活動や調理室の活用を図っている。

 (2) 市民協働事業の推進
 市民活動団体、地域団体、行政等との協働を進めるため、 まちづくりに必要な人材の育成の機会をNPOと協働で創出するまちづくり人材育成事業、市民活動の入門的講座、 地縁型組織であるコミュニティとテーマ型組織であるNPO等の相互交流などの事業を実施した。
こうしたまちづくりに携わる様々な市民活動団体との協働事業の実践を通じて、 市民協働の啓発と協働事業の定着を図り、地域における市民主体の公益的活動を推進していく。

 (3) コミュニティ活性化プログラム

 @ コミュニティ活性化委託事業
 公益性と事業性を併せ持つ地域独自の事業を地域の創意工夫により実施する。コミュニティが相互にアイデアを競い合い、選定会議での審議を経て年2事業を実施する。

 A コミュニティ連絡協議会自立化支援事業
 コミュニティ活動経験者であるコミュニティ・アドバイザーの活用により地域の課題やコミュニティ活性化策の検討・提案を行い、コミュニティの活性化に結びつける。

 B 補助金一般財源化事業
 地域の主体性を尊重し、使途制限を大幅に緩和したコミュニティ事業交付金制度により、自主自立した積極型・問題解決型のコミュニティの育成を図る。

 (4) 男女共同参画社会の推進
 市では、男女共同参画センターを拠点として、各種の講座、講演会を開催し、 男女共同参画に対する市民意識の高揚に努めるとともに、男性と女性が対等なパートナーとして、また、市民と行政が一体となって、 「だれもが自分らしく生きられるまち」を目指す。

  @ 男女共同参画行動計画「知多市ウイズプランU」の策定
 平成21年度に実施した男女共同参画住民意識調査の結果を受け、 平成22年度に計画の最終年度を迎えた前計画を改訂し策定した。

 A 庁内での取り組み
 各部から選任された職員により構成された男女共同参画推進連絡会で、 知多市男女共同参画行動計画「知多市ウイズプランU」に基づき、男女共同参画のモデル事業所として、 職場内における男女共同参画の推進、各課の連携による柔軟な施策運営及び仕事と子育ての両立支援への啓発等を実施している。

 B 男女共同参画センター事業
 男女共同参画社会の実現のために、情報の収集や発信、女性の社会参画の推進、 男女が共同して地域の活性化を目指す「場」つくりとして、その拠点となる男女共同参画センターを設置し、 ウイズセミナー、フェミニストカウンセリング、情報紙発行など各種事業を展開している。

▲このページの最上段へ

トップページに戻る