東浦町立卯ノ里小学校のあらまし

校 長 近 藤 栄 治
住 所 東浦町大字緒川字雁狭間山18番地
交 通 名鉄巽ヶ丘駅下車 徒歩15分
TEL 0562-34-7977  FAX 0562-34-3045
創 立 昭和54年4月1日
校 地 24,119u 床面積  9,060u 運動場  8,404u 職員数 33名 
児童数および学級数(H28.10/3現在)
学年 特支 合計
人数 59 54 57 57 58 60 (18) 345
学級数 15


1 沿革の概要
昭54.4 開校式 平10.11 開校20周年記念式典
昭54.5 竣工式 平16.1 第16回オープンスクール実践研究会
昭55.3 校旗樹立・校歌制定 平18. 8 アスベスト除去工事(ホール)
昭57.11 第1回オープンスクール実践研究会(以後、実践研究会を継続) 平19.1.24 第17回オープンスクール実践研究会
昭61.3 増築校舎竣工式 平19.8 体育館フロア張り替え工事
昭62.6 文部省より科学研究費補助金を交付される 平20.1
愛知県学校給食優良校 受賞
平20.10 開校30周年記念式典
昭62.9 研究委嘱PTAとして感謝状を授与される 平20.11 学校給食優良校 文部科学大臣表彰
昭63.9 開校10周年記念式典 平24.4 通級学級開設
平元.10 花いっぱい優良小中学校コンクールで全国優良賞受賞 平25.6 プールサイド張り替え,壁面塗装
平25.11.7 東浦町現職教育発表会
平2.3 校舎増築竣工式 平26.5  FBCコンクール奨励賞 受賞 
平2.12 校門完成 平27.9 体育館天井改修工事 
平3.3 やまももを校門に植樹 平28.8 ホール・サンホール天井改修工事
平4.11 東浦町現職教育発表会(第11回オープンスクール実践研究会)開催 平28.8 音楽室エアコン設置

2 本校の特色
 本校は、東浦町の西に位置し、緑豊かな自然に囲まれた地域に昭和54年4月にオープン教室をもつ学校として開校した。当初、児童数は 268名8学級でスタートしたが、東ヶ丘団地の造成に伴い年々児童数が増加し、平成5年度には児童数 822名とピークに達した。その後、徐々に減少傾向となっている。
 開校以来、一貫して「人間性豊かで、主体的に行動できる子の育成」をめざし実践的な研究を続けており、過去17回の研究会を開催した。研究を通して、「@個と集団の関わりを深める A問題解決の力を育てる」をめざしている。 そして、このような力をつけた子どもの育成のために、主に「集団活動・総合学習・個別学習」の3つの場で様々な特色ある学習活動を継続して実践している。
 こうした学習活動を進めていくとき、子どもたちの活動がいきいきとしたものになるように、オープンスペースのよさを生かした人的・物的環境の研究も同時に進めている。人的環境としてボランティアの人々の協力を得たり、物的環境として学習材や視聴覚機器等を子どもたちが自由に使用できるようにしたりしている。

3 教育目標・経営方針

(1)教育目標  豊かな心を持ち、主体的に行動できる卯ノ里っ子の育成

(2)経営方針

   全職員の創意と協力により,「全体を見る目,部分を見る目」「過去を見る目,現在を見る目,未来を見る目」を  もち,率先垂範,師弟同行の理念で教育目標の達成に努める。オープン・スペース・スクールの環境を生かして、  心を開いた触れ合いを基にした活動ができるように努める。

    ア 「わかる授業」「楽しい授業」を目指し,成就感が得られる授業を創造する。
       ・教える内容と考えさせる内容  ・気付きと見届け  ・個別学習 

    イ 相手の立場を思い,心を開いてお互いの言動を尊重し合える心を育む。
      ・道徳教育の充実 ・総合的な活動(共生) ・にこにこ団活動 

   ウ 生き生きと自分を表現できる子を育てる学習環境を充実させる。

      ・ 教室やワーク・ワークスペース   ・日常活動(あいさつ、姿勢、読書タイム)

    エ 家庭や地域との連携を深め,より開かれた学校となるよう努める。
      ・学校だよりとホームページ   ・PTA委員会と学校評議員制    ・学校評価 
      ・読み聞かせを始めとする地域の人材活用


4 校内研究の概要
 「体験・探求・協同で育つ卯ノ里っ子の育成」
     〜多様な意見を認め合い,新たな考えへと高める「共に生きる」の学習〜


※現在作成中です


5 特色ある教育活動
(1)日課

(2)ボランティア支援
(3)オープンスペース