ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

めいけんくん
ようこそ!
NPO法人
名古屋発明研究会
のホームページへ

  
このホームページは、アイデア・発明に興味がある方にお勧めです。

  あなたのアイデア・発明を応援するための活動内容を紹介しています。


 次のような方はぜひ(名古屋日曜発明学校 )に一度見学にいらつしゃいませんか。

 ・アイデアがあるが生かし方がわからない。

 ・次のステップを学びたい。

 ・特許などの先願調査の方法を学びたい。

 ・権利(特許・実用新案・意匠・商法)など、出願の方法を学びたい。

 ・試作品の作り方を学びたい。

 ・発明品の売込み方法を学びたい。

 ・著作権について学びたい、登録したい

 ・発明仲間を作りたい。

  などなど、アイデア・発明に関する支援を致します。


2020年08月02日 18時57分
 アイデア・発明の楽しさと感動を → あなたも共感しませんか
 毎月「名古屋日曜発明学校」を開催しています。
 ここでは、
  ・発明講演会の開催
  ・アイデア・発明(作品)発表会
  ・会員相互の交流(情報交換)
  を目的に活動しています。
 また
  ・発明コンクールへの積極的な参加
  ・各種の発明コンクールへの出展
  ・商品化の支援を行っています。
カテゴリー:




   

 


 
9月27日の名古屋日曜発明学校(月例会)は開催します。!


9月27日の月例会(主な行事)予定

  第75回 名古屋日曜発明学校 (月例会開催 ご案内)

    ・開催日 : 2020年( 令和 2年 9月27日 (
第 4日曜日  
   
    ・場所 : ウインクあいち  9階 905
 会議室 (13時~17時)

               

    
・開始(受付): 12時50分~  

    ・当日参加費 : ・会員 500円  ・体験参加(原則1回) 800円


      参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。(事前予約不要)

    
 (初めての方 → 当日 飛び入り参加 大歓迎です

  
   ◎ 勉強会

     ◎ 「
アイデア・発明(作品)発表会」

       毎月多くの作品発表があり、大変盛り上がっています。
       あなたのアイデア・発明作品の発表もお待ちしております。

                   

   ・会場の 「ウインクあいち」へ早く到着された方は、

       <14階ロビー>にお越しください。

        10時頃から個人発明相談会を開催しています。 


     ・お問合せ
TEL 090-5602-9090  担当 丸野
        :メール n-maruno@ma.medias.ne.jp




 各月の発明講演 予告


 講演《 9月27日(第日曜日)  
                
<東京日曜発明学校(令和元年 11月17日)開催の講演ビデオ放映>

     これがトネ製作所の加工技術だっ!

                    株式会社トネ製作所 代表取締役   利根 通  先生
               専業主婦歴35年トップセールスウーマン    利根 涼子 先生

 卵かけごはん専用器具「ときここち」は、生卵を混ぜるのではなく、黄身と白身を切ってとく、新感覚の「生卵をとくための調理器具」です。
 注目は先端部分の繊細な加工技術。レーザーで切り抜き、丁寧に一本一本仕上げられた職人技から作られています。
 今回は、鉄・銅・ステンレスの試作から量産までを手掛ける同社の精密板金加工技術の紹介ほか、自社開発された「ときここち」の開発・販売秘話を一挙お話いただきます。
 また同社は「発明サポネット」に新たにご協賛いただき、会員のために、同社が得意とする金属加工による試作支援もお願いできます。
 講演後、会場で試作の相談も可能です。




 講演《 10月25日(第日曜日) 予告 
                      
<東京日曜発明学校(令和2年1月19日)開催の講演ビデオ放映>
        

    文具・おがくずの再利用アイデア大募集!

                     北星鉛筆 株式会社 代表取締役
                            杉谷 龍一 先生

 ミニコンクールの協賛企業の同社は、文房具全般を取り扱う文具メーカーです。 鉛筆けずりや鉛筆など、様々な商品を製造しています。
 そしてもう一つの目玉は、 鉛筆の製造過程で生まれる「おがくず」を利用したエコロジー商品の研究開発。 文具メーカーでありながらバーベキューなどで使う、同社商品の着火剤『着火薪』は、 このおがくずを利用して作られています。
 当日は、同社の様々な文具のほか、 環境にも配慮した「おがくず」活用商品開発の秘話をお話いただきます。きっとミニコンの応募に役立つお話が聞けること間違いなし! ぜひご参加ください!

    



  ≪最近のトピックス≫
     




 

 〇  名研会員の発明品が販売開始されました。

   発明ライフ(発明学会 機関紙)の大きく掲載されています。(7月・8月号)






 
名研会員の寺澤さんが開発・製造を、
昭和ワールドコーポレーションの遠藤さんが流通販売を担当し、 ロイヤリティ契約よりも利益が出る「利益折半型」の新しい契約で商品化されました。
カブトムシなどの昆虫捕獲器の発明と、昆虫をおびき寄せる においの元の開発によって生まれた商品です。
 入口が開放され た箱型容器で、容器外側には、昆虫がとまれるように木の樹皮 の代わりとなる麻布を巻き付けた構造です。
 バナナに、においの元を振り掛けて発酵させ、虫をおびき寄 せるにおいの人工樹液を、容器入口と中に入れ、木に取りつけ たら後は待つだけ。
 においにおびき寄せられ飛んできた昆虫は、容器に巻かれた 麻布にとまります。
やがて、容器の内側で滑り落ち、容器の底の人工樹液にたど り着きます。
 外に出ようとしても、容器の壁が滑らかなので爪が 滑って登れず、狭くて飛べず、虫は逃げられません。


 


 〇  「名古屋発明研究会ストアー」 開店中

       名研会員限定  出品者募集中!



2019年 7月28日は、一般社団法人 発明学会 発明アドバイザー・発明ライフ編集長 松野 泰明 先生による

           「発明学会 第一回地方セミナー(名研共催)」を開催して頂きました。


 午前:テーマ:「誰でもできる素人発明の楽しみかた

 午後:テーマ: 「アイデア商品化に欠かせないのは「売り込み」。

 ・内容:  アイデア売り込みは、「宝くじ」でたとえるなら、くじを買い結果発表を待っている状態!

くじを買わなければ楽しい結果発表に参加すらできないように、アイデアも売り込まなければ、

せっかく考えたアイデアの良し悪しすらわかりません。せっかくの良いアイデアも、いつまでも

お金に変わることはないのです。 

        しかし、主婦などの個人が、企業を相手に売り込むのは、とっても勇気が必要なはず!

        そこでこのセミナーでは、「売り込み」に必要なポイントを、基礎から丁寧に解説!

だれでも簡単に、安心して売り込めるようになります。

        また、ロイヤリティをもらうために欠かせない「契約の結び方」についての解説でした。

 

  名研は、「作品発表会の充実を図り、商品化・そして、その売り込み」を活動の特長としています

その意味でも 今回のセミナーは、大変有意義なものでした。 25名の会員が受講しました。

  発明学会 松野先生・・・ 3時間のセミナー疲れ様。 そして、ありがとうございました。
  
 


     

フッターイメージ