(2002/12/5〜サイカウント)
2002ネンガツ 立上タチア
2017ネンガツ16ニチ更新コウシン  (1カイツキ 更新コウシン
愛知県アイチケン大府オオブ議会ギカイ議員ギイン 大西オオニシ勝彦カツヒコ
ちは? どんな政治家セイジカになるの? 基本キホン政策セイサク・スタンスは?
大西オオニシ勝彦カツヒコへのメール 大府オオブ議会ギカイホームページ 基本キホン政策セイサクのスライド
角丸四角形吹き出し: メール版「OKたより」ご希望の方はコチラまで
右矢印吹き出し: NEW
大府オオブ議会ギカイインターネット放送ホウソウ 一般イッパン質問シツモン
論文ロンブン・レポート
最近サイキン新聞シンブン記事キジ イマまでの「ひとゲン」がっています 大府市オオブシホームページ
下矢印吹き出し: NEW
ぜひ一度イチドアクセスしてみてください!
ひとコト
                                                                         
  2017−3−16  
  【3ガツ議会ギカイ 一般イッパン質問シツモン  
  2/28から、3ガツ議会ギカイ開催カイサイされています。今回コンカイ一般イッパン質問シツモンちましたので、その概要ガイヨウ報告ホウコクいたします。  
   
  ワタシ一般イッパン質問シツモン動画ドウガは、こちらからごランになれます。 大府オオブ議会ギカイインターネット放送ホウソウ  
   
  テキスト ボックス: 市長は政治家の「ど真ん中」だ・・・!
 
   
   (大西)  
  岡村市長が誕生して約1年が経過しようとしている。久野前市長の就任当時と退任直前にお聞きした同じ質問を岡村市長に  
  お聞きする。政治家としての市長は、政治的に強いリーダーシップと健全な判断力と識見を持ち、政治的理想を追求する  
  政治家「ステーツマン」をめざすのか、政治的かけ引きに長じた、調整型で、自分自身やその周りの利益だけを考え権謀術策  
  をろうする政治屋「ポリティシャン」をめざすのか。  
   
   (岡村オカムラ 市長シチョウ  
  私は、政治家の端くれに属しており、政治家としてめざす方向性の御質問をいただいているが、私は政治家であるということ  
  よりも、大府市役所の職員であり、最高責任者であるということを常に意識している。職員からの報告を受け、指示を出すだけ  
  ではなく、現場に足を運び、職員の先頭に立って、共に汗を流し、常に職員とのコミュニケーションと情報共有を重視し、迅速  
  な課題解決、事業展開を行うことのできる組織を構築していきたいと考えている。  
   
   (大西)  
  市長は、政治家の端くれではない。政治家のど真ん中だ。私は市長は職員の延長線上ではないと思っているが、この答弁に  
  込めた真意は何か。  
   
   (岡村オカムラ 市長シチョウ  
  政治セイジっても、クニ地方チホウ議員ギインクビチョウ都道府県トドウフケン市町村シチョウソンなど、そのありカタについては一概イチガイえない。ただ、市長シチョウモト  
  められている資質として、リーダーシップ健全な判断力識見は当然必要である。答弁トウベン責任セキニンシャという言葉コトバ強調キョウチョウしたのは、  
  豊洲トヨス問題モンダイでトップ、リーダーシップのありカタわれているいるナカ最高サイコウ責任者セキニンシャであるという自覚ジカクツネワスれてはならないと  
  いうことである。かつて大西オオニシ議員ギイン引用インヨウされたマックス・ヴェーバー職業ショクギョウとしての政治セイジナカに、情熱ジョウネツ責任感セキニンカン判断力ハンダンリョク  
  政治セイジとして重要ジュウヨウ資質シシツだとかれている。ワタシも、このミッつの言葉コトバ大切タイセツにしていきたいとオモっている。  
   
 
テキスト ボックス: 「スピード感ある」行政運営の成果は?
テキスト ボックス: 事業の効果
 
   
   (大西)  
  市長は就任以来ずっと「スピード感」を持った行政運営を訴えている。私も全く同感だ。  
  スピード感のある行政運営は、市民の幸せを増やす。同じ事業を展開するなら早く着  
  手した方が市民の幸せの量は増大する。前市長から市長が代わって1年目というのは、  
  一番の変化点の年となる。だからこそ、その変化が目に見えてくる年だと思う。市長就  
  任後約1年間のスピード感ある行政運営の成果は何か、具体的に聞かせてほしい。  
   
   (岡村オカムラ 市長シチョウ  
  スピード感ある行政運営の成果については、私の市長就任後の政策の実現として、  
  例えば、本年度に子ども・子育て応援基金の設置、就学援助費の支給項目の拡大、  
  スクールカウンセラーの増員などの子育て・教育施策を始め、消費生活センターの開設、平和都市宣言、嘱託職員・臨時  
  職員の採用年齢上限の撤廃などの施策を実行した。また、市民の皆様のニーズの高い大府の玄関口であるJR大府駅自由  
  通路の改修、大府駅西トイレバリアフリー化は、事業スケジュールを加速化して早期完了を目指している。今後とも選挙時  
  に市民の皆様にお約束した政策の実現に向け、一所懸命に取り組んでいく。  
 
テキスト ボックス: 「改善改革」に込めた市長の思いは何か?
 
   
 
 
   (大西オオニシ  
  市長は、選挙公約として、行政経営における「改善改革」を掲げられた。そして職場のスローガンとして「改善  
  改革」を掲げられ、市役所内に掲示してある。この職場スローガン「改善改革」に込めた市長の思いは何か。  
   
   (岡村オカムラ 市長シチョウ  
  私が基本姿勢に掲げる「改善改革」については、自治体は住民の負担によって運営されるものであり、常に  
  能率的な事務処理が求められている。私は、「改善改革」の源は、職員一人ひとりの仕事の気づきと、小さ  
  な改善の積み重ねであると考えている。そのために「前年と同じです。」とか、「規則に定められています。」  
  というような固定概念から脱却し、最小の経費で最大の効果が挙げられるよう、職員には大いに知恵を出し、  
  汗を流して欲しいと願っている。今後とも、小さな改善を積み重ねることにより効率性を高め、前例にとらわれ  
  ない新たな発想と創意工夫を基に「改善改革」を実行し、市民サービスの向上や市民満足度を高める成果  
  重視の行政運営に努め、さらには、職員の働き方改革に繋げていきたいと考えている。  
 
テキスト ボックス: 「改善改革」に込めた市長の思いは何か?
 庁内に貼り出した市長方針
   
   
   (大西オオニシ  
  私は、日々の改善の積み重ねが改革に繋がってくるものと考えている。だからこそ業務改善意識とそれを実現する手法  
  必要で、この手法を全職員が共有することで改善風土・文化が醸成されるものと信じている。民間企業では、この改善風土  
  を醸成するため、製造現場から事務技術職場まで、共通の手法を会得し、それを改善の共通言語として使用している。  
  それがQC手法であり、QCストーリーによる改善活動なのである。  
  市長がめざす「改善改革」の風土・文化を職場に醸成するために、QC活動など民間の業務改善手法を取り入れる考えは  
  あるか、お聞きする。。  
   
   (新美ニイミ 企画キカク政策セイサク部長ブチョウ  
  本市は、本年度から「改善改革」を実践目標に掲げ、前例にとらわれない新たな発想と創意工夫を基にした事務改善に、  
  より一層力を入れて取り組んでいる。毎年開催している事務改善発表会においては、職員が事務改善に取り組むことを称  
  え合える組織風土を作り、組織全体の事務改善の活性化に繋げるため、本年度から新たに市長による表彰制度を導入した。  
  今後、「改善改革」をさらに推進するため、他市町や民間企業の取組事例を参考にして、より成果の上がる事務改善手法を  
  研究していく。  
 
テキスト ボックス: 2S(整理・整頓)活動は、改善の入口・・・!
 
   
   
   (大西オオニシ  
  市長が職場スローガンとして「改善改革」を謳っている中、私の目には、どうしても庁内全体でこの2S活動を真剣に取り組んで  
  いるとは感じられない異例中の異例のさらに異例だが、2Sについて9回目の一般質問をさせてもらう。改善の入口である2S  
  活動に本気で取り組む考えはあるのか本当のことを答えてほしい。以前の一般質問でキャビネットの上には書類を含めて  
  モノをせないというルールがあることを確認したが、あのルールはどうなったのか。現状守られているのか。  
   
   (福島フクシマ 企画キカク政策セイサク主幹シュカン  
  ルールは、平成ヘイセイ12ネンガツ新庁舎シンチョウシャになって以降イコウずっときている。ルールはツクるだけではなく、2Sの強化キョウカ週間シュウカンなどで見回ミマワ  
  たときに、事務局から注意喚起している  
   
  ※ このアト民間ミンカン企業キギョウの2Sチェックシートを引用インヨウして、市役所シヤクショ状況ジョウキョウ確認カクニンしました。  
   
  ※ 市役所に来庁されたら、キャビネットの上を確認してみてください。 ⇒ モノがいてあるかどうか。  
   
  テキスト ボックス: 究極の行政改革! 東浦町との合併は、進んでいるか?
 
   
   
   (大西オオニシ  
  最後の質問は、究極の行政改革の手段としての東浦町との合併についてだ。先に申し述べた通り、地方自治法の規定を守る  
  ためにも行政の効率化は必要である。合併という手段は、行政サービスのマーケットの最適化を図ることによって、経費を削減し、  
  住民サービスを向上させることを可能とするものだ。つまり「最少の経費で最大の効果を生む」ことができる。  
  イマまでの、私の一般質問に対する答弁では、一貫して「合併は結婚と同じで、相手のあることであり、双方にその意思がなくて  
  はならない」というものだった。大府市の行政は、その環境作りに努力してきたものと信じている。行政経営の「改善改革」を標榜  
  されている岡村市長は、究極の行政改革の手段として、東浦町との合併をどう考えているのか、聞かせてほしい。  
   
   (新美ニイミ 企画キカク政策セイサク部長ブチョウ  
  東浦町とは東部知多衛生組合・知北平和公園組合・知多北部広域連合・知多広域消防指令センター・公共施設相互利用な  
  どにおける広域連携や警察署誘致などの要望活動とともに、ウェルネスバレー構想の推進を中心とした様々な分野において、  
  事業分野ごとの連携を強化している。  
  東浦町との連携については、引き続きウェルネスバレー構想の推進を中心とした、事業連携の強化に努めていく。  
 
テキスト ボックス: まずやってみよ、失敗を恐れるな!(豊田佐吉翁)
 
   
   
   (大西オオニシ  
  最後サイゴ意見イケンべさせてもらう。  
  岡村オカムラ市政シセイとなって、ヤクネン、このタイミングで市長シチョウ政治セイジ姿勢シセイについてシツモンさせていただいたのは、長の行政経営方針  
  見極めるためだ。  
   
  サキほどもモウげたが、市長シチョウ政治セイジのどナカである。我々ワレワレ議員ギイン選挙センキョエラばれた政治セイジであり、市長も選挙で選ばれた  
  政治家である。政治セイジしかできないことは、市民シミンシアワせをやすための仕組シクみをツクることである。  
  トク市長シチョウは、我々ワレワレ議員ギインにはできない予算ヨサン提案テイアンケンがある。ツクった仕組シクみをウゴかすことができる。市役所職員の最高責任者で  
  はあるが、職員ではない。政治家である。このことを再度サイドモウげておく。  
   
  市長シチョウカカげたスローガン改善カイゼン改革カイカクは、ワタシ共感キョウカンする。だからこそ、その手法を身につけ、市役所全体に改善文化・風土  
  を醸成するべきである。職場ショクバ風土フウド文化ブンカえるには時間ジカンがかかる。一朝一夕イッチョウイッセキにはわらない。だからこそ早く着手した方  
  がよい。掛け声や気合だけでは意識は変わらない。改善手法を取り入れることで必ず意識は変わってくる。  
  この4ガツにも新入シンニュウ職員ショクインハイってくる。シロ新入シンニュウ職員ショクインヘンイロまるマエむことを期待キタイしている。  
   
  公務員コウムイン辞書ジショ失敗シッパイという文字モジはない」揶揄ヤユされている。公務員コウムイン仕事シゴト失敗シッパイユルされないことから出る言葉である。  
  だから前例踏襲となる。  
   
  最後サイゴに、市長シチョウ施政シセイ方針ホウシン演説エンゼツでトヨタグループの始祖シソ豊田トヨタ佐吉サキチオウ言葉コトバ引用インヨウしたので、ワタシ引用インヨウさせていただく。  
  「まずやってみよ、失敗シッパイオソれるな」 佐吉サキチオウは、可能カノウ不可能フカノウ学問ガクモン知識チシキだけでめつけることを何よりも嫌い、部下た  
  ちに対してこの言葉を口癖のように言っていた。  
  公務員コウムイン辞書ジショにも失敗シッパイはあっていい」ではないか。 「まずやってみよ、失敗シッパイオソれるな」   
  この言葉コトバを、執行シッコウのみなさんにオクり、ワタシ一般イッパンシツモンわる。  
   
                                                                                 
ひとコト
オートシェイプ:  ごあいさつ

  大西勝彦のホームページにご訪問いただきありがとうございます。
  私は、サラリーマン・生活者の代表としての政治家をめざしております。
  基本政策の一つに「IT推進による行政の効率化」があります。
  基本スタンスは「現地現物」「まず自らがやってみる」です。
  今回、ITの初心者ではありますが、自分でホームページを立ち上げてみました。
  大変稚拙な技術のため、見づらい点もあろうかと思いますが、自分の思いを伝える
  一つの有効な手段だと思っております。
  今後もいろんなことを勉強して、政策の実現に活かしていきたいと思いますので、
  皆様方の益々のご支援、ご鞭撻をお願いいたします。
                                             2002年9月