迷子犬「チャピ」をどんなにわずかでも
可能性がある限り探し続けています!!

   




          

          

  

このページはリンクフリーです 多くの皆様に
リンクして頂ければ幸いです よろしくお願いします
http://www.medias.ne.jp/~quest

2002年4月21日 雨の朝 花火の音に驚いて
自宅から 飛び出してしまいました

場所  愛知県知多市南巽ヶ丘
種類  雑種
年齢  12歳
名前  チャピ
大きさ 体重17キロですが足が長く 大きく見え           ます
毛色  全体に薄茶で 首から背中にかけてやや          濃い ゴールデンの様な寝た毛並み    
特徴  ・立ち耳で尾が大きく巻いています
     ・左下の歯が1本抜けています 
     ・後ろ足の指が4本です 
     ・大人しく無駄吠えしません
    

尚 リンクされた方はご連絡下さると幸いです

クリックして下さいネ

チャピのアルバム
チャピの思い出

   [不明当時の状況]

 雨の降る朝 近くの祭りの打ち上げ花火の音に驚いて、自宅から飛び出してしまいました。前日にも打ち上げ花火があったので、フェンスの上にさらに柵をくくり付け、部屋の扉も二重にロックをしておきました。そして前日の天気予報では、翌日の午前中まで雨と言う事で、私は花火は完全に無いと決め込んでいました。しかし当日になると雨が降りしきる中、午前6時45分位から大きな音の打ち上げ花火が連発され、しかも痴呆の母が扉の二重のロックまで開けてしまいました。
 私は未明まで母の介護の為、眠りに就いて1時間半程でしたので、体の上に何か重い物が載っている様に、不思議なくらい動けませんでした。探しに自転車で飛び出したのは、それから1時間半程眠った後でした。前に何度か飛び出しても、夜には帰って来ていた事があるにせよ、今思えばまさに一生の不覚でした。

 それから保健所、動物管理センター、警察、動物病院など可能な限り手を尽くし、新聞の折込チラシを徐々に範囲を広げながら11万枚刷りました。そして何十ヶ所にチラシを貼り、多くの人に手渡しました。人懐っこく車に乗り慣れているので、車で拾われて遠くへ行ったかと思い、半年後になりましたが、インターネットには10以上のサイトに掲載しました。そして車、自転車、また電動スクーターを買って、1年間ほぼ毎日探し続けました。

 チラシを貼ったり、新聞に折り込み始めてから、沢山の方々から様々な情報をお寄せ頂きましたが、結局ほぼ間違いなくチャピだと思われたのは、翌日の午前8時頃1km近く離れた名鉄の線路の向こう側を歩いていた、と言う情報でした。ですからチャピはパニック状態で飛び出し、しかも雨で帰り道の匂いが消え、さらに電車道に阻まれて帰れなくなったものと思われます。


   [それから私は・・・]

 子犬の時からわが子の様にして来たチャピが突然居なくなって以来、チャピを想う度にその場に倒れ込みそうになる程の辛い毎日が続き、9年以上経った今も、現実を受け入れる事が出来ません。どんな遠くの街に行っても、もしかして、ひょっとしてと思い、街角にチャピの姿を追い求めてしまいます。

 私はかねてから愛する者との別れは、目の前の死別より、行方不明の生き別れの方が辛いだろうと思っていました。まさかそれが現実にわが身に起ころうとは思いませんでした。

 チャピを抱き上げている時が最高に幸せだった私は、例え運命にいつ別れさせられてもいいようにと、いつもきつく抱き締めていました。それがまさかこんなに早く来ようとは・・・。



 確実に移って行く季節の中で、私の周りはあの時から時間が止まった様です。あのささやかな幸せが当たり前だったチャピとの生活が戻ってくるなら、私は全てを捨ててもいい位に思っています。

 
 

迷子のリンク

7年前の迷子犬「チャピ」を探しています !!

01

10年前の迷子犬「チャピ」を探しています!!

更新日  2012年 3月 30日

メール