自己紹介       

Top ページへ

 

平林良一 65歳 農業       農業委員(10期)

愛知県知多郡東浦町大字石浜字廻間38-1                       

0562-83-4379  fax0562-84-4168

略歴

東浦町立片葩(かたは)小学校、東浦中学校、 県立刈谷高校、名古屋大学農学部卒業

名古屋木材(株)に12年間勤め 、学習塾を10年、退職後に町議選に立候補。34歳で初当選。7期連続当選。8期目をめざしたが落選。現在は ,稲作農業。

職業 稲作農業、耕作面積123アール、

田植え機4条植え、耕耘機、トラクター(15馬力)、バインダー、 コンバイン、散布機、防除機各1台、草刈機2台

家族 

母 88歳、妻 長男は東京で就職、次女、次男とも名古屋に通勤

趣味 読書、映画、カラオケ、ラジオの英会話講座、ナンプレ

スポーツ 歴  柔道、水泳、スキー、ソフトボール

団体への参加                        

ひがしうら九条の会、南医療生協、消費税をなくす会、 介護をよくする会、知多革新懇談会

東海自治体問題研究会、石浜子丑会(同年会)、農民連、あいち知多農協正組合員 、老人クラブ(石浜喜生会)

 

 

生い立ち

1948年(S23)生まれ 兼業農家の長男 生まれも育ちも東浦町石浜

1953年(5歳) 開園したばかりの石浜保育園に入園。やんちゃ坊主だったらしい。

1959年(11歳) 伊勢湾台風来襲。床が持ち上がり、雨戸が飛ばされないようにみんなで押してがんばった。すんでのところで家が倒れるところだった。

 

1967年(18歳)  刈谷高校卒業、名古屋大学農学部に入学、名大柔道部に所属

1969年(20歳) 父が交通事故死 加害者への賠償請求調停

1970年(21歳) 大学自治会に参加、民主青年同盟に加盟

1971年(22歳) 名古屋大学農学部卒業、同時に名古屋木材(株)入社

1971年(22歳) 東浦町の町議選で広瀬候補を応援、日本共産党の初議席実現、                   

          東浦町に民主青年同盟班結成         

1971年(23歳) 日本共産党に入党、現在党歴42年    

1975年(26歳) 結婚

1976年(27歳) 長男誕生

1977年(28歳) 町議補欠選挙に立候補

1979年(30歳) 長女誕生

        長坂悦次町長、不正利得事件で逮捕・辞職              

                  出直し町長選挙に立候補 、このとき当選した井村徳光町長は現在7期目

1982年(33歳) 会社を退職し、学習塾をはじめる (10年続けて、やめる)

1983年(34歳) 町会議員に初当選、以来連続7回当選 長女事故死

1984年(35歳) 農業委員に初当選、以来連続8回当選 次女誕生

1987年(38歳) 次男誕生

1989年(40歳) 42歳厄払い行事に参加、19俵のもちをつき、初午でもち投げ

1990年(41歳) 後厄(あとやく)で打ち上げ花火

1996年(47歳) 刈谷高校の19期生同窓会に参加

1997年(48歳) 東浦中学校の17期生同窓会を有志の協力で38年ぶりに開く

1999年(50歳) 緒川実盛山地区の農地改良を実施

2000年(51歳) 東海豪雨で災害復旧に奔走

2001年(52歳) 不況の生活相談が増えて、奔走。

2002年(53歳) 新年早々、交通事故に遭遇、右足を骨折する。完治まで半年かかりました。

2003年(55歳) 79歳の母が脳梗塞で入院。意識は正常 、左半身麻痺で、どこまで回復できるか心配。

2004年(56歳) 母、8ヶ月ぶりに退院。自宅から通所でデイサービスを受ける。妻の父親がリューマチで入院

2005年(57歳) 35年ぶりに大学柔道七帝戦を観戦。

2006年(58歳) 知多北部3市1町の合併が破綻。妻の父死去81歳

2007年(59歳) 町議選、同年が立候補して、厳しい状況の中、7選を果たした。妻が教職を退職

2008年(60歳) 還暦 鹿児島へ同年会で1泊旅行 。妻の母死去(63歳)

2009年(61歳) 妻が風邪で2週間検査入院。議会総務委員長に

2010年(62歳) 同年会ソフトボール参加を休止。

2011年(63歳) 町議選、定数18に24人が立候補、落選。 眼科の手術で藤田保健衛生大学病院に5日間入院。

2012年(64歳)  農機具が次々に故障。買い替えや修理などで250万円もかかった。中古で買ったのが悪かったのか。初めて「こしひかり」を生産。

2013年(65歳) 石浜の老人クラブ「喜生会」に加入。健康のために1万歩目標に歩く

 

 

平林(ひらばやし)

 私の住んでいる石浜地区では「平林」という姓が一番多い。平林という苗字は平家の落ち武者の末裔といわれますが、落ち武者は京の政権の追っ手をのがれて暮らしていたはずですから、ここ尾張の国と三河の国の境に住むようなことはないと思います。明治時代に苗字が許されたときに、みんなで「平林」とつけたのではないか。石浜字平林と地名にもあります。地形が台地状になっていてそこに木が茂っていたことから平林とつけたと思われます。同じ苗字が多い所では、同姓同名が生まれ易いという問題もあります。

全国的に見て「平林」は長野県と京都府丹後に多いようです。ほかにどこかあれば、お教えください。

稲沢市の北部に「平林」がたくさんあります。

落語「 平林」では平林の読み方がいろいろ出てきます。「たいらばやし」か「ひらりん」か、「一八十の木木(いちはちじゅうのもくもく)」 、「ひとつとやっつで とっきっき」と読んだと言う話。

堅物の家系

 わが家は昔から堅物の家系です。4代前の曽祖父は「金作」という名前でしたが、金持ちではありませんでした。私の祖父は「後高」といい、次男でしたが跡取になりました。祖父の兄は「家康」という名前で、半田市亀崎の榊原家に養子に入りました。 祖父の後高は地域の 世話役で通っていましたが、本業の農業は家族任せで、その分、祖母はよく働く人でした。戦後の「農地解放」 の時、たまたま農地委員を務めていて、地主から解放された農地を小作に分ける作業に携わっていました。自分はいい農地を手に入れられる立場にありましたが、役目に忠実で、いい所は人に分け、自分は不便な農地をもらいました。私も子供時代に自分の田んぼに通うにどれほど 苦労をしたかしれません。私の父も次男でしたが、長男が戦死したため、あとを取ることになりました。父もあまり農業が好きでなかったようで、戦前と終戦直後に警察官でした。父の場合、軍に召集されましたが、内地勤務で、九州の方に行っていたようで、その頃の話はほとんどしませんでした。警察勤めも 私が3歳頃にやめ、高野精密という時計会社に20年ほど勤めました。農業だけではとても生活できませんでしたが、父の会社づとめの収入のおかげで、私は大学まで行くことができました。その父が、交通事故で急死したときは、一家の生活はどうなるのか途方にくれました。

    

農家の長男

 私の家は、祖父が農協役員や農業委員、区長を務めていたため、家族がずいぶん苦労しました。緑内障で目が不自由だった祖母は大変気性の激しい人で、 私たち兄弟は学校から帰ったら農作業を手伝わされました。よその子どもは遊べるのにうちはなぜ遊ばせてくれないのか、と悲しい思いをしました。父はずっと会社勤めをしていたため、母がほとんど農作業をやっていました。長男の私は当然のように後継ぎに期待されていましたので、上の学校へ進学などは考えたことがありませんでしたが、中学校に入ってから成績が伸び、母の熱心な後押しで、高校進学を決めました。母の実家も貧しい農家でしたので、女学校に行きたくても行かれない時代に育ったため、息子の私にはできる限りの学歴をつけたいと思ったようです。おかげで大学まで卒業させてもらいました。

刈谷高校

 地域の名門校・刈谷高校に入学することができました。入学した喜びも覚めやらぬうちにいかめしい顔をした先生が、「ここの授業は名古屋大学に進学する人に合わせて授業をやりますので、そのつもりでいてください」と言われて、ついていけるかしらと不安になりました。2年生の頃に進路を決めるのですが、わが家は就職が当然のような雰囲気でしたが、勇気を出して進学に決めました。しかし、3年生になって周りが受験勉強一色になると席次が下がり始め、あせりました。ラジオから聞こえてきた、「受験生ブルース」のような生活になりました。何とか、名古屋大学農学部に入学できましたが、高校がうまく押し込んでくれたような感じでした。私の長男も刈谷高校に入りましたが、親としてPTA総会に出たら、先生は昔とほとんど同じようなことをいっていました。最近、刈谷高校から20人ほど東京大学に入るようになったそうですが、 国立大学入学の予備校化してるのではと心配です。トヨタの地元で卒業生がトヨタグループ会社の重役になったりしています。

名古屋 大学柔道部

 運動オンチの私は中学、高校では運動部をやったことがなく、なんとなく、コンプレックスを持っていましたので、一度やってみたいと思っていた柔道 を選びました。名古屋大学柔道部は寝技を中心にした柔道で有名で、文字通り柔軟なからだと持久力を身につける練習でした。レスリングのように相手を畳に仰向けにして押さえ込んで勝敗を決するものです。おかげで耳はこすれて 腫上がり、耳たぶの形が崩れてしまいました。見た目に華々しさはないが、立技のように一瞬のミスで敗れることはありません。オリンピックなどの国際大会ではあまり寝技がみられないのは残念です。柔道部は概して古風な伝統があって合宿のたびに旧制高等学校の寮歌や柔道部歌を合唱して、つらさを吹き飛ばしたものです。2年生の合宿の時に父が交通事故で死ぬということがあり、1年間中断して復帰しましたが、もう後輩にも勝てず、ブランクの大きさを実感しました。私としては唯一の運動部の経歴です。

20歳で喪主

 父親に早く死なれ たので、若いうちに喪主を務めることになりました。伊丹十三の映画「お葬式」のように何から手をつけたらいいのかわからないものです。簡単に済ましたいと思っても、親戚が多いのでそれもできず、隣近所の人の助けで、何とか務めることができました。そのあと、21歳で祖母の葬儀、27歳で祖父の葬儀、34歳で長女の葬儀に喪主を務めました。

化石木の成分分析(卒業論文)

 大学の専攻は林産化学で木材の成分分析でした。木材はセルロースとリグニンが主成分でセルロースは分解されやすいがリグニンは分解されにくいため、条件によって木材が長持ちする要素となってい ます。ところが、リグニンの分子構造がなかなかわからなくて、人工的に作られない。私の卒業研究は化石木の成分を分析して、 セルロースとリグニンの組成変化、化石木が埋まっていた地層の状況を推測しようというもので した。当時、高蔵寺付近の宅地造成地から化石木が出土して、それを研究資料にしましたが、元の地層が破壊されていて、いつ頃の時代の物かがあまり正確につかめなかったこと、他の多くの地域の化石木との比較ができていなかったなど、残念ながら十分時間をかけて研究できませんでした。

民主青年同盟(民青)

 民主青年同盟は日本共産党の指導を受けた青年組織です。学生自治会活動を通じて民青同盟に加盟しました。当時、名古屋大学の学生自治会 には民青が多数派で主導権を握っていました。名大の中にも全共闘 、社青同などいろいろなセクトがいましたが、かれらがヘルメットと角棒で武装し、バリケードで校舎を封鎖し たときが学生運動が一番荒れたときだったように思います。東大の安田講堂が過激派に封鎖され、入試が行われないという事件がありました。私は大学4年になって民青同盟に加盟しました。 全共闘などは、毛沢東思想を信奉して、暴力革命唯一論に立っていましたが、実際は民主主義革命を当面の任務とする日本共産党を「修正主義」と 攻撃して、暴れていました。彼らが暴力事件を起こせば起こすほど、国民が日本共産党にマイナスイメージを もつことを自民党は期待し、彼らを取り締まらず、泳がせていました。

 

名古屋木材

 1971年に卒業と同時に名古屋木材という木材会社に就職しました。この会社は戦争中に統制会社としてスタートした会社で当初は300人ほどでしたが次第に減って、 私が入った頃は150人ほどになっていました。入社した時に、「君は幹部候補としての採用だから多少のことは我慢して勤めてくれ」と言われましたが、労働者の側に立ってがんばるつもりでいましたのですぐに上司ににらまれるようになりました。一応、従業員組合という組合がありましたが、会社の飾りのような組織でした。会社が5時30分に終わるとすぐに、帰宅し、民青同盟の活動にうち込んでいました。外国から輸入された木材を町の製材所に売って歩く仕事の部署に配属されたが、どうもセールスは性格にあわず、だからと言って、生産現場を志願したわけでもなく、いつやめようかと迷いました。結局、12年勤めて町議選立候補のために辞めました。

34歳で町議に初当選

 1983年(昭和58年)に34歳で東浦町議会議員に無投票で初当選。広瀬勇吉氏、山田真悟氏につづいて3議席目を獲得しました。日本共産党員になった時から政治、経済、哲学、歴史、政策などさまざまな学習・教育を受けましたが政治のことはまだよく分からなかったというのが本当のところです。議会の一般質問などでは、当局のお役所言葉、専門用語にはぐらかされたり、保守系議員のやじに感情的になったり、大変でした。共産党議員は1年目でも積極的に質問することが求められており、十分準備をしないで質問することもあって、ずいぶん失敗がありました。

長女の事故死と次女の誕生

 町議になってすぐに長女がちびっこ広場の箱型ブランコから落ちて死亡するという事件がありました。保育園に入ったばかりの4歳でした。女の子ながら大変活発で四人乗りのブランコに立って乗っているのを見たことがありましたが、そのことが災いしたと思います。私がすぐに対応すべきだったのですが学習塾の最中だったため祖母に病院にいってもらって様子を見ていましたら、容態が急変して重態に陥りました。事故から12日目に意識が戻らないまま、死亡しました。その後、すぐに次女が誕生し、長女に代わるものではありませんが慰められました。現在その子は元気に大学へ通っています。

学習塾を経営

 町会議員に立候補する1年前に会社を退職し、自宅で学習塾をはじめました。2年目に教室を建てました.黒板や机やイスをそろえ看板も出して本格的にはじめました.復習を中心にやっていましたら、生徒は「繰り返しはつまらん、学校より先をやってくれ」と言うので、私は「学校の授業が新鮮でなくなるからダメ」と、あくまで復習中心でがんばっていました.それで成績が良くなった子もいましたが、あまり効果がなくて、時間つぶしに来る子が増えてきました.そのうちに、勉強中に遊ぶようになり、挙句の果ては、勉強しようとする子を妨害するようになり、10年目で塾を閉鎖することになりました.

子丑会(ねうしかい)の厄(やく)払い

 知多地方は42歳の厄払いが派手な地域で、わが石浜地区では2月の初午に神社で祈祷が行われ、奉納行事としてもち投げが行われます。 前厄、本厄、後厄とあり、前厄は1年先輩の行事を見て翌年の本厄に備えます。本厄は、神社の境内にやぐらを組んでもち投げをします。3ヶ月前から日曜日ごとに宿(わたしの家)に集まり、作業をしました。奥さんも交代で炊き出しに出、もち米20俵を3日ほどかけてつき、大八車にもちや景品を積んで町内を練り歩き、神社で祈祷を受けてから、やぐらに登り、大量のもちを30分ほどで投げてしまいました。これら費用600万円ほど。あとは、家族旅行と厄払い旅行。合わせて1千万円、石浜子丑会34人でまかないました。ちょうど、昭和63年の暮れから、昭和天皇の「下血」報道があり、もちなげ行事を中止するかどうかの議論がありましたが、わたしたちは平野宮司さんに相談したところ、自分たちの厄払だから別にかまわないということで、挙行することにしました。

中学校の同窓会の幹事は大変

 1996年、中学校を卒業して32年目に同年の同窓会を行いました。準備をはじめる時に、石浜地域の同窓生が中心でやろうということにしたら、緒川地域のY君から「なぜ、そういうことを君たちだけでやろうとするのか」と抗議を受け、「参加するな」との妨害がされたために、当初予想した人数の半分しか集まりませんでした。出欠のはがきの返事ははじめに「欠席」がたくさん来るもののようで、「出席」がわずかしかこなくて、本当に困ってしまいました。恩師は思ったよりたくさんの「出席」のご返事をいただいたので、何としても会場に予約したホテルの採算が取れる人数を確保しなければと必死でした。なぜ、各地域から代表者を集めてやらなかったか。石浜地域の同年は仲良しグループでまとまりがよかったので、他の地域の人を入れるのがわずらわしいと思ったようです。ほんとうは、各地域の代表が責任を持って人集めをするほうが、やりやすかったとは思いますが、あえてそうしなかったのは私のリーダーシップのなさです。当日もいろいろなハプニングがありました。同窓会が始まってみると、みんな楽しんでくれていて、疲れが吹き飛びました。2次会、3次会、4次会まで盛り上がりました。

農業は辞めない

 母が脳梗塞で倒れてから農作業のすべてが私の肩にかかってきました。母が元気なうちは、農機を運転することが私の仕事で、細かな仕事は皆、母がやっていました。細かな仕事で手抜きをすると、あとで大変苦労します。畑仕事も大変だということが、母がやらなくなって初めて分かりました。1ヘクタールほどの経営面積だから、大きな機械は買わずにやってきましたが、体力も限界にきたので、中古のトラクターを買いました。トラクターを買えば倉庫も必要になり、田んぼの隅に建てました。農業の収支は毎年数十万円の赤字になっています。普通の人なら農業をやめるでしょうが、私の場合「日本農業を守れ」と活動している立場から農業を辞めるわけには行きません。赤字の原因は、生産者米価が安過ぎるうえに農薬や肥料など農業資材費や機械維持費が高いことです。愛知用水代も ばかになりません。自民党農政の米の輸入自由化政策の結果ですが、民主党もFTA交渉で農産物のいっそうの輸入自由化を公約しており、危ないものです。

盆踊りは踊るもの

 毎年、地元の盆踊りには参加しています。神社の境内でにぎやかに行われますが、踊るのはほとんどが女性で、それも老人会、婦人会、更生保護女性会、子ども会などの役員の人たちです。私が参加するきっかけは、子ども会の役員になって、石浜区から参加の要請があったためです。その後、一般参加で踊っていますが、ほとんど練習もしないままの参加ですが、見よう見まねで何とか踊れるようになります。盆踊りは、見るよりも踊るほうが楽しいものです。

町議選、初めて落選

 2011年、東日本大震災が発生した年として歴史に刻まれました。私自身は、28年間連続当選してきた町会議員選挙で初めて落選しました。落選の要因は、情勢が厳しいと言われながらも、何とかなるという甘さが私の中にあったためです。今回の選挙は町議選としては最後になるもので、来年1月4日からは市会議員になれるということで、かつてない多数の新人の立候補がありました。定数18に対して、現職9人、元職1人、新人14人と6人はみ出しになりました。まさか自分が落選するようなことはなかろうと思ったことが、選挙準備の段階から、「大丈夫」論が周りの人にまで伝染したのではないかと思います。

目の手術を受ける

 2年前から右目が歪んで見えることがわかり、町内の眼科医に通っていました。視力も0.3ほどに低下してしまい、手術を黄班変性症手術の名手のH大学の先生に受けることにしました。2011年6月25日、入院初日は目薬で殺菌消毒、2日目に検査と手術、目の中に針のような器具を差し込んでの手術で、気持ちの悪いものでした。その日から点滴によるペニシリン投与と目薬を4種類点滴治療。経過は順調で5日目に退院できました。自宅でも眼帯をはめて寝るようにして目の回復を図りました。6か月目にほぼ歪みが取れました。

 


始めに戻る