環境指標林の社叢

         愛知県は、環境保全対策の一環として、人間の生存に最適な環境条件を設定する手がかりを得ることを目的に、
        昭和50年10月、名古屋市熱田神宮社叢をはじめと6か所の森を「環境指標林」に指定し、当日長神社もその一
        つに選定されました。



      日長神社社叢(第6号指定
        
         立地ーこの社叢は、知多市南部にあり観音寺寺叢と同様、伊勢湾に面する海抜15m前後の台地端末部に立地し、
                臨海埋立地に隣接して残された貴重な緑です。西面は、名鉄常滑線、西知多産業道路をはさんで南4区臨海
                工業地帯に接し、東、南面は、住宅地に接し、北面は、樹林が続いています。

           概況ー樹林地面積は、約3haあり、植生は、沿岸部から平地にかけての温暖帯性常緑広葉樹林の一極相である
                 スダジイ林が一部に温存されています。



  
   
2  知多市保存樹等保護事業に指定
       
         ○ 保存樹ー椎の木4本(第51,52,53,54号指定)

         ○ 保存樹林(第7号指定)