岡崎 隆 (おかざき たかし) / プロフィール  (2015.9)


 1948年 愛知県生まれ。ピアノを浅川房子、コントラバスを西出昌弘、江口朝彦、相葉武久各氏に師事。1971〜2008年 名古屋フィルハーモニー交響楽団にコントラバス奏者として在籍。
 現在は名古屋を中心にオーケストラ・室内楽コンサートの客演奏者や、時には指揮者として拙いタクトをとる傍ら、戦前を中心とした日本の作曲家の研究、評論及び演奏のための浄書譜作成をライフワークにしています。これは「日本のオーケストラはなぜ、かくも日本の作品を演奏しないのだろう?」という素朴な疑問から生じたもので、これまで管弦楽曲を中心に50曲を超える浄書譜 (スコア・パート譜) を完成し、ベルリン・コンツェルトコア管弦楽団、メキシコ国立交響楽団、グァテマラ国立交響楽団、東京フィル、東京交響楽団、日本フィル、東京藝大シンフォニア、東京シティ・フィル、東京ニューシティ管、大阪フィル、名古屋フィル、仙台フィル、広島交響楽団、アンサンブル金沢、神奈川フィル、セントラル愛知交響楽団、横浜シンフォニエッタなど数多くのオーケストラ、演奏団体により演奏され (演奏予定も含む)、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞、東京新聞、神奈川新聞、中日新聞、琉球新報などで、活動を取り上げていただきました。(掲載予定も含む)
 特に須賀田礒太郎、高田三郎、金井喜久子、安部幸明、鬼頭恭一の作品研究に心血を注いでおり、神奈川フィルによる「須賀田礒太郎の世界」では2002年から第1〜3回 すべての演奏会に関わり、演奏用楽譜の制作やプログラム決定・レコーディングに参加し、2012年3月には神奈川県立図書館から「よみがえる天才作曲家・須賀田礒太郎」と題した講演を委嘱され、悪戦苦闘のすえ何とか敢行、好評をいただきました。
 また名古屋市出身の作曲家・高田三郎の管弦楽曲、管弦楽付合唱曲の浄書を完成し、代表曲「水のいのち」オーケストラ版は2015年9月までに全国各地で48回の上演を重ねています。生誕100年にあたる2013年は、ドイツ・ベルリンをはじめ全9回演奏され、3月には私も、地元・愛知県知多市でタクトを取らせていただきました。
 2011年、ボランティアで浄書した橋本國彦の日本国憲法公布を記念し書かれた交響曲第2番 (1947) が、湯浅卓雄/東京藝大シンフォニアによってNAXOS「日本作曲家選輯」からリリースされ、東京新聞、中日新聞で大きく取り上げられられました。同交響曲は2015年4月、湯浅卓雄/新交響楽団により半世紀以上ぶりに演奏会上演されました。(東京芸術劇場)
 2012年6月、広島交響楽団が日本の作曲家4名の作品を取り上げた演奏会「J-Classic Libraries」プログラムのための原稿を寄稿。
 2013年6月に名古屋で開催されたセントラル愛知交響楽団特別演奏会「 高田三郎とゆかりの作曲家たち」では、上演曲4曲のうち3曲 (信時潔/絃楽四部合奏、高田三郎/2つの狂詩曲、安部幸明/チェロ協奏曲)の演奏用浄書譜を作成し、全プログラムの解説を執筆。
 2013年10月、公益財団法人・愛銀教育文化財団から、長年の「戦前を中心とした日本の作曲家の研究・調査」に対し、平成25年度助成をいただきました。
 10月24日の広島交響楽団 (指揮/秋山和慶) での安部幸明「アルトサキソフォンと管弦楽のための嬉遊曲」、11月3日の仙台フィルハーモニー管弦楽団 (指揮/梅田俊明)での金井喜久子「交響曲第2番」(1947) の久々の再演に、演奏用楽譜制作で協力。
 2014年2月、貴志康一の楽譜を保管する学校法人・甲南学園より依頼を受け、代表作「日本組曲」(全6曲/ca.1933) 、「日本スケッチ」(全4曲/ca.1933) の演奏用楽譜を完成。3月9日、大阪フェスティバル・ホールにおいて「道頓堀」が上演されました。(高関健/大阪フィルハーモニー交響楽団)
 2015年3月、名古屋パストラーレ合奏団でヘンデル「メサイア」(抜粋) ほかを指揮。
現在は安部幸明の弦楽四重奏曲 (全15曲)、貴志康一「ヴァイオリン・ソナタ」、「ソプラノと管弦楽のための歌曲集」の浄書演奏譜作成を行うほか、戦後70年に突如話題となった名古屋出身の作曲家・鬼頭恭一 (1921 〜 45) の研究・啓蒙に取り組んでいます。

 楽譜作成工房「ひなあられ」主宰。 日本グリーグ協会演奏家会員。      (敬称略)

 (追記) 趣味はCD、レコードの収集 (鑑賞ではない)。 その総数は4万枚にも及び、家屋の倒壊に怯える毎日を過ごす。
フルトヴェングラー、メンゲルベルク、ストコフスキーなど往年の巨匠の演奏を愛し、グリークの叙情的な音楽、ブルックナーの交響曲に涙しています。
昨年暮れ、長年の念願だったレーザー・ターンテーブル (エルプ社) を購入しました。改めてLPレコードを聴き直しているのですが、これが最高に楽しい!!