KAKO  ARCHITECT   &   PARTNERS


建築  雑コラム 40

Architecture         The s   Column    

前のページ 

ドイツ、ベルリン、デッサウ、ポツダム 2

街の中心商店街にフランスの建築家ジャン・ヌーベルが設計した店舗建築

ギャラリー・ラファイエット(1998年)(地下鉄U6 Frazosische Str駅)があります。


ジャン・ヌーベル(1945年〜) (2019.3.24)
        
        ギャラリー・ラファイエット(1998年)

角地の建物で外壁をガラスでコーナーを丸くし、上部はヌーベルの頭がならんだような格好になっています。

やりたいことは分かりますが、私はヌーベルにはもっと上の事をいつも期待していますので、これも期待外れでした。(2019.3.25)

商店街なのに日曜日はクローズの所が多く閑散としています、この建物もクローズで中には入れませんでした。

                      
             上部詳細 たぶん模型で見るほど上部は視覚に入らない。(2019.3.26)

ギャラリー・ラファイエットの近くに1821年に ドイツの新古典主義を代表する建築家カール・フレンドリッヒ・シンケルが設計した

コンシェルトハウスがあります。


カール・フレンドリッヒ・シンケル(1781年〜1841年)(2019.3.27)

      
      コンチェルトハウス(1821年) 左右対称でギリシャ風の列柱があります。(2019.3.28)

建物の前の大きな広場を囲って正面にコンチェルトハウスがあり左右に同じ教会のような建物があります。

           
           左右対称に建つ教会風の建物でも正面はギリシャ風(2019.3.29)

新古典主義の建物はあまりよく知りませんでしたが、左右対称でギリシャのにおいがします。

              (2019.3.30)
              パルテノン神殿があるようです。

                
                鉄柱玄関見上げ 真四角のプロポーション(2019.3.31)

      
      中には入れませんでしたが、窓から練習風景が見えました。

かなり大きなコンサートホールです。ウイーンの楽友教会黄金のホールに似ています。(2018.4.1)

シンケルの建物はこれが初めてですが、このあと二つの建物を見て私は多くのショックを迎えることになりました。

二つとも近くにあって北東の方向、歩いて行けます。

まず1818年に造られたノイエ・ヴァッヘ


ノイエ・ヴァッヘ(1818年)(2019.4.2)

シンケルの最初の作品で近衛兵の詰め所として建てられ、現在は戦没犠牲者の慰霊場となっています。

ギリシャ風でドーリア式の6本の列柱が目立ちますが、なんといってもそのプロポーションの良さに私は衝撃を得ました。


ドーリア式柱頭 (2019.4.3)

         
         シンプルな柱脚 (2019.4.4)

          
       側面の四角いボックス これが意外に効いている、なぜかスエーデンのアスプルンドを思い出した。
       (2019.4.5)

                     
             列柱上部見上げ 真四角の天井 (2019.4.6)

そして内部は

      
      プロポーションの良い空間の中心に銅像が一つ パンテノンの様な丸い穴から日が差します。

建物のプロポーションを見ただけで、この人(シンケル)うまいと思ったのは初めてです。(2019.4.7)

ベルリン大聖堂の方へ10分ほど歩くと旧博物館が見えてくる


旧博物館(1830年)

シンケル晩年の作品でこれも列柱が並ぶ水平方向に伸びのあるこれもプロポーションの良い建物です。(2019.4.8)

    
    イオニア式の柱頭 (2019.4.9)
    
          
     ノイエ・ヴァッヘに比べ随分大きな建物で豪華さもあります。屋根にはわしの彫刻がならんでいます。
   (2019.4.10)

             
                    新古典主義はやはりギリシャの列柱を忠実に復元しているようです。(2019.4.11)

                            
                            列柱天井見上げ (2019.4.12)


ホールの奥の部屋はパンテノンと同じホールがあります (2019.4.13)

            
           下部は列柱と彫刻がならびます (2019.4.14)

                    
                    このドーム空間にも衝撃を感じました。

シンケルは19世紀のモダニズムのすこし前の建築家ですがギリシャ、ローマ時代の建築の端正さとプロポーションをとてもうまく再現した作家の様に感じました。 (2019.4.15)

 ノイエ・ヴァッヘの近くにアメリカの建築家アイ・ミン・ペイが設計したドイツ歴史博物館新館(2003年)があります。


ドイツ歴史博物館新館(2003年) (2019.4.16)

         
 ホールは地下へ続き地階から旧館と繋がっています。(2019.4.17)

                   
                 打ち放しコンクリートと丸い開口はカーンのデザインボキャブラリーですが、とてもうまくまとめられています。(2019.4.18) 


案内板があまりないので展示室に行くのにこのエスカレーターで降りて通路を通って旧館側に展示室があるのに気が付くのに時間がかかりました。
(2019.4.19)

              
              旧館中庭にガラスの天井がかけられていました。ルーブルのガラスピラミッドを思い出します。(2019.4.20)

旧博物館の隣にはベルリン大聖堂(1905年)があります。


ベルリン大聖堂(1905年)

少し頭のドーム部分のプロポーションが大きくて私としては不安定な感じがします。 (2019.4.21)          
          近づくとドームの大きさが消えていきます。 (2019.4.22)

               
               エントランス部分の列柱 コリント式です。 (2019.4.23)

           
           内部は大きな空間になっています。バジリカ様式ではありません。(2019.4.254)

                
                 ドーム部分見上げ 以外に大きな開口が開いていて十分明るい。 (2019.4.24)

                         
                         コリントの柱を三本まとめてより重厚な装飾でバロック様式だと思います。 (2019.4.25)


次はこの旅のもう一つの目的でベルリンから電車で約1時間40分ほど行った、デッサウにあるバウハウス デッサウ校です。


デッサウ駅

デッサウ駅からバウハウスまでは徒歩で10分くらいの距離で駅前に案内もあります。(2019.4.26)

         
         シンプルな建築が見えてきます、 バウハウス デッサウ校です2mほどのキャンティーのテラスが特徴的です。

バウハウスは美術と建築を総合的に教える学校で1919年にワルター・グロピウスを中心にワイマールにて開校された。

詳細は前頁のコラム39を参照ください。(2019.4.27)

デッサウ校に移転してきたのは1925年でデッサウ校の設計はワルター・グロピウスによります。


ヴァルター・グロピウス(1883年〜1969年)  

              
              テラス詳細 (2019.4.28)

                       
                       横連窓のスチールサッシで正にモダニズム建築 (2019.4.29)

道の左右に校舎があって正面のピロティーで道を横切る建物でつながれています。


スチールサッシ部詳細。 FIXの部分と開閉できる部分があります。ペンキによってよくメンテランスされている様で錆びてはいませんでした。
(2019.4.30)

        
        カーテンウォール この面は西面なのですがドイツでは西日は大丈夫なのか?心配です

100年前にこの建物ができた時はとても斬新な建物だったと思います。(2019.5.1)

              
              カーテンウォール部詳細。 スチール製です。(2019.5.2)


道を挟んだ反対側の建物(2019.5.3)

                
               カーテンウォールの建物の南面階段室にBAUHAUSの文字、このアングルの写真が一般的な印象だと思います。(2019.5.4)


この面はグレーの塗装がされています。(2019.5.5)

               
              南から見た外観 方位に対する建物の配置や開口の取り方など大分違っているように感じました。(2019.5.6)